タロット

タロット占いとは、「タロット(tarot)」呼ばれる78枚の絵柄のはいったカードを使った占いのことです 。
78枚のタロットカードはカードは、大きく「大アルカナ(Major Arcana)」22枚と、「小アルカナ(Minor Arcana)」56枚の2つにわけられます。22枚の大アルカナカードだけを使うものと、78枚全部を使った占いなどタロットカードには幾種類かの占いの手法があり、また占い師独自の手法もあったりと多種多様の占術があります。

ただどんな手法でも、基本はカードをシャッフルして選んだカードのもつ意味合いを見ながら相談者の答えや助言を導き出します。一般にカードの数が多くなるほどその解釈は難しくなるのだといわれています。

似た感じのもので近年ではオラクルカードという占いも一般的になってきました。こちらはタロットよりももっと自由でしばりのないインスピレーションカード占いですので自分で占うにはなじみやすいかもですね。

タロットカードの歴史

タロットカードといえば草花や木、妖しい感じの人や、悪魔や聖杯、杖や剣などがヨーロッパ調の絵柄で描かれたものを連想する人は多いのではないでしょうか?

事実、一番ふるいタロットカードはイタリアのミラノで制作されたものなのでやはり起源はヨーロッパなのですね。15世紀前半にミラノで制作されたタロットカードは実はこの時代は占いに使うものではなく、一般的なゲームのツールでした。
その後、16世紀にかけてタロットカードのゲームは、フランス、ドイツ、スイスとヨーロッパ全土に広がっていきます。
そのゲームとして誕生したタロットカードが占いのツールとして利用されるようになったのは、フランスの占い師エテイヤによってでした。その後19世紀あたりからカバラなどとの結びつき、さらに神秘性を強めて、フランスの「薔薇十字カバラ団」やイギリスの「黄金の夜明け団」などのオカルト結社によって、西洋魔術のツールとしてタロットカードは確立したのです。

日本には1970年代あらりから、タロットカードに関する本などが出版されるようになち、一般の占いとして一般に浸透し始めます。今ではタロット占いの入門書やいろんなイラストレーターによる華やかなもの、和の雰囲気のものなどいろいろなデザインのタロットカードが普及していますね。

自分好みのタロットカードを選ぶ楽しみもありますが、世界中でスタンダードなタロットカードはウェイト版とマルセイユ版が基本のようです。

タロットカードを使ったおススメの占い師

■琥珀 (コハク) 先生■


▸占術は感タロットのほかにも霊感、霊視、波動修正、 風水、 送念、 東洋占星術、 西洋占星術、 九星気学、 姓名判断 、数秘術 など多岐にわたります。

▸鑑定歴28年のキャリアの長い先生で、先祖に神主を持つ家系に生まれ、高い霊力をお持ちの実力派です。
相談者の波動を読み取る「霊視」から鑑定に入る独自のスタイルが大人気の先生。

▸得意とする相談内容は相性・ 結婚・ 離婚・ 復活愛・ 不倫・ 遠距離・ 三角関係・ 金運・ 仕事・ 対人関係・ 家庭問題・ 子育て・ 運勢・ 開運方法・ パワーストーン など

▸相談事の内容や時と場合によってはメンタルヘルスマネージメントも含め、精神面、行動面でのアドバイスなど具体的な解決方法を示してくれます。

➔琥珀 (コハク) 先生の所属はこちらから

タロットカードで何がわかるのか

タロットカードは、「大アルカナ」の22枚のカードと、「小アルカナ」の56枚のカードに分けられます。ではタロットカードで占うと何がわかるのか?そのあたりが一番気になりますよね。

タロットカードには一枚一枚に意味があります。そしてタロット占いをするときの一番の基本は、シャッフルしてでてきた偶然かもしれないカードは相談者の相談内容に対して、なんらかの意味をもっているということです。
タロット占いをすることで何かがわかる!解決する!というものではなく、出てきた複数のカードの意味合いをそれぞれ複合することでアドバイス、方向性を導き出します。

わかりやすくいえば偶然に出たカードも相談者の見えない意図のもとに引き寄せられたカードであるから、偶然ではなく必然でありそのカードの持つ意味合いが相談者にとっては相談内容の『答え』なのだとも考えられますね。

タロットカードの意味や解釈は…?

78枚のタロットカードには「大アルカナ」と、「小アルカナ」があり一枚一枚にそれぞれ意味があります。ちなみに「アルカナ」とは秘密の、神秘的な、難解のという意味になります。

タロットカードでは単純にカードの持つ意味があり、またそのカードの絵柄が正位置としてでたのか、または逆向き、逆位置としてでたのかでもちがった意味合いをもちます。
そして、実はカードに描かれた絵からも何かしらのメッセージがあるのです。

普通にシャッフルしていて急に飛び出すカードがあったり、手元がくるって数枚ばらけたりするカードがあれば、それはいち早くあなたに何かのメッセージを伝えようとしているのかもしれません。ではここで大アルカナの22枚のカードの意味をみていきましょう。

0、 愚者(The Fool) 自由、未確定、純粋無垢/無計画、不安定、愚かなど
1、 魔術師(The Magician) 創造、スタート、自信/自信がない、中途半端、消極的
2、 女教皇(The High Priestess)  知力、学識、冷静、客観的/無慈悲、イライラ、批判精神
3、 女帝(The Empress)  家族愛、真実、豊か/不満、わがまま、嫉妬心
4、 皇帝(The Emperor)  指導的立場、安定、責任感/威圧的、過信、無責任、自分勝手
5、 法王(The Hierophant)  慈愛心、寛大な精神、援助を得る/自分のことだけ、孤立無援
6 、恋人(Lovers)   楽しい、無邪気、甘いムード/遊び半分、その場限り、別れ
7 、戦車(Chariot) 情熱、前進、開拓/ 暴走、停止、混乱
8 、力(Strength)  強固、達成、エネルギッシュ/ 気の弱さ、落胆、困難、失敗
9、 隠者(Hermit)  模索、熟虜、ひとりで過ごす/ 閉鎖的、孤立、卑屈
10、 運命の車輪(Wheel of Fortune)  幸運、偶然、運命的/チャンスを逃す、悪化、落ち込み
11 、正義(Justice) 平等、冷静な判断力、義務感 /変わりやすい、中途半端、迷い
12、 吊るされた男(The Hunged Man) 試練、報われる、忍耐/報われない、終わりが見えない 
13 、死(Death)  完全な終わり、別れ、死/転換期、スタート、終わり
14、 節制(Temperance)  バランス、穏やか、自然体/惰性、マンネリ、不摂生
15 、悪魔(The Devil)  欲望、依存状態、恐怖/ 解放、断ち切る、楽になる
16 、塔(The Tower)  ダメージ、災難、崩壊/崩壊目前、トラブル、不安
17、 星(The Star) 高揚、憧れ、感動/ 幻滅、ギャップ、水
18、 月(The Moon)   疑心暗鬼、先が見えない、誤解、神秘的世界/順調、クリア
19 、太陽(The Sun)  純粋、笑い声、理想通り/暗黒、不健康、ネガティブ
20、 審判(Judgment)  復活、よい知らせ、許し/自然消滅、刑罰、不幸
21、 世界(The World)   幸福感、成長、最高の幸運度 /中途半端、マンネリ感、物足りない

タロットカードの占い方

では実際の占いの方法をご紹介します。まず、ひとつ前置きですがタロット占いには必ずこうしなきゃならないというスタイルや決まりごとはありません。基本自由なのです。
しかし、古来より相談者の悩みにアドバイスしていきやすいというような占いのスタイルや方法は確立されていますのでご紹介いたしますね。

①タロット占いをする前にちょっとした準備をします。占いをする場所の浄化です。香やホワイトセージなどの煙で場を浄化する場合が多いようです。ほかにもクリスタルチューナーの音色、鈴、手を叩くなどの音の浄化やムーンウォーターなどでの水の浄化、塩を使う方法などさまざまにあります。

②場の浄化が終わったらカードを前にして占いたい質問を決めます。このときにできるだけ具体的な質問のほうがタロットから答えが導きやすいです。

③カードを裏返しにして両手でまんべんなくカードに手がふれるようにまぜていきます(シャッフル)、次にそのカードをまとめてトランプを切るときのように数回切ります、切り終えたらカードを三つの山にわけて最初にならべた順番とは逆の順番でひとつにまとめます。これでタロットカードで占う準備ができました。

それでは実際の占い方です。

▸一番簡単でタロットの基礎ともいうのが、「 ワン カード スプレッド (One Card Spread) 」または「ワンオラクル」ともいいます。78枚のカードの中から一枚だけえらんだものが質問の答えになります。

▸つぎは「シンプル・クロス・スプレッド」2枚のカードを選んで占う方法です。
最初に選んだ1枚のカードを置き、2枚目に選んだカードを最初のカードの上にクロスするように置きます。1枚目のカードの意味は現在の状況、2枚目はそれを邪魔をしているものを表します。
それぞれ単独の意味と、2枚の意味を比べながら質問への答えを導きだします。

▸つぎはさらに一枚カードをふやして3枚のカードを使った「スリーカード」。
上から3枚選んだタロットカードを、左から順に横に並べます。左から順番に、過去・現在・未来をあらわします。「過去」は原因を表し、「現在」はそのまま今の状況、やらなければななないことなど、「未来」は解決のための何かや結果を意味します。

▸最後に「ケルト十字法」です。タロット占いでは一番知られている占い方法がこれだとおもいます。全部で10枚のカードを使い展開していきます。
1枚目と二枚目のカードを十字型にクロスするようにおいて、その両側、上下に1枚ずつ計4枚のカードを配します。そしてその右側に縦に4枚のカードを配します。
この形がケルト十字法の形です。カードの配置のそれぞれの 解釈のしかたは次の通りです。

•1枚目  質問内容や相談者自身を表します。または今の現状。
•2枚目  直面している問題や解決すべき事柄、障害などを表します。
•3枚目  顕在意識や意識している事、予測など。
•4枚目  前世や因縁。潜在意識。見えない事柄など。
•5枚目  最近の出来事であったり、問題を引き起こした原因など。まはた過去。
•6枚目  これからの選択肢や次の行動。未来や予言など。
•7枚目  質問者の役割や立場など。
•8枚目  周りの人から受ける影響や周囲の目。ライバルや恋人を表すこともある。
•9枚目  不安や恐れ。願望。変化や限界をあらわす。
•10枚目    質問に対する答えをあらわす。

このように展開するカードが多いほどに質問にたいする答えや状況もまた細密にわたってきます。これらを最後には総合的に判断して相談者の答えを導き出すのです。
ただ、勘違いしないでほしいのは使用するカードや多ければいいということではありません。その相談内容にもとづく的確な答えが導き出せるようであれば1枚、1枚のカードをひいても十分なのです。

自分でタロット占いをやってみる

ここまでタロットについて解説してきましたが、実はタロット占いは自分でおこなうこともできるのです。引いたカードにはそれぞれ意味があります。占う手法はいくつかありますが、実際にやってみて自分がやりやすい手法を選ぶのがよいとおもいます。

用意するのはもちろんタロットカード。ではタロットカードはどこで入手できるのか…占い専門店やインターネットなどで購入できます。オリジナルのイラストを使ったものや、クラッシクなもの、美しい画像をつかったものなどコレクションしたくなるくたい多種のタロットカードがあふれています。

たくさんのいろんなカードをみてその中から自分がピンとくるお気に入りを選ぶのがまずは最初の一歩です。

ですがどうしても迷ってしまう決められない問い方にはタロットカード専門店から購入するのもおすすめです。日本屈指のタロティスト監修のオリジナルタロットカードなどがありますのではじめてのタロットカードで悩む方はこちらを参考にすることをおすすめします。

■タロットカード専門店MIRA■



タロットカード専門店MIRAは、Yahoo!占い年間売上ランキング1位を達成した 人気タロット占いのカード販売を行う、タロットカード専門店です。人気のカードを使って自分でも占ってみたいというファンが多く、 日本屈指のタロティストが監修するタロットカードを順次リリースしています。

MIRAで取り扱うタロットカードは、 占い方やカードの意味を掲載した本格的な解説書付きですので、 初心者の方にとてもおすすめです。しかし、そのカードの美しさ精緻さから、プロの占い師にも大変な人気があります。

また、人気イラストレーターが描く美麗なイラストレーションに彩られたカードは、 純粋にコレクションを楽しみたい方にもお勧めです。

Yahoo!占いや、アメーバ占いなどでも常に人気の高い占い師の タロットカードが手に入る機会はすくなく、こちらのMIRAのみ実現可能なおすすめのタロットカード販売専門店です。

➔当たる!人気タロットカード専門店【MIRA-ミラ-】はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする