占いの種類と診断

一口で『占い』といっても色んな占いの手法があったりします。
大きく分けると、「命(めい)」・「ト(ぼく)」・「相(そう)」の3つに分類することができます。

「命(めい)」は「宿命」や「運命」などを読み解く占術を指します。たとえば、占星術や数秘術、四柱推命などがそれにあたります。

「ト(ぼく)」は亀の甲羅の亀裂から吉兆を読み取る「亀甲占い」(古代中国の占い)が語源で、偶然のようなことでも物事には必ず意味があるとし、そこから答えを導く占術でルーン占いやタロット、易、おみくじなどがそれにあたります。

「相(そう)」は読んで字のごとしで目に見える姿や形といった情報から、吉凶を読み取る占術です。手相占いや人相占い、姓名判断や風水などがそうです。

さて、ではここではその中から一般的によく使われている占いの種類と解説をしてみたいと思います。ここで大事なのはたとえばもし自分が占いをしてみたくなったり、占ってもらいたくなったときに、人と占いには実は相性が存在するということを理解してもらうとこです。
同じ人でもそれぞれになんとなく苦手意識をもってしまうときもあれば、理由なく出会った瞬間から好意を持つこともあったり…仕事にしても然り、接客業が肌に合う人もいれば、事務業は苦手と感じる人もいる。
それと一緒で、やはり占いの手法においても相性がいいものと悪いものがあり、ひいてはその占いをする占い師との相性も良し悪しがあるのです。

まずは占いの手法や種類の基本を理解してみて、比較しながら自分に合いそうな占い方法をみつけてくださいね。

占いの種類一覧

四柱推命
四柱推命は、中国で生まれた陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)を起源とする統計学といわれています。生まれた年・月・日・時間の4つを柱に見立て、
ここに「十干」と「十二支」、陰陽五行(木火土金水)を組み合わせて占う方法のことです。気の遠くなる月日を経て蓄積された統計に基づき読み解いていくため統計学という側面もあり、的中率が高いと感じる人が多いようです。



数秘術
数秘術は、1~9の数字にはそれぞれに意味があるという考えがもとになっていて数字それぞれに意味合いを持ちます。それらをもとに固有の計算式で、色々な現象や個人の運命や性格を導き出す占い方法です。具体的には生年月日や姓名を数字に置き換えて、事柄に関する1~9の数字を一桁の自然数にまで足し行きます。そして最後に出た一桁の数字がその事象に対する答えであり、そこから性格や相談の内容に対しての解釈をみつけだすのです。
また、この数秘術は、ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスが生み出したといわれています。

占星術
占星術または占星学は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う占術のことです。
人は誰しも自分のうちに小宇宙( コスモ)を持っているといわれており、それはひいては「太陽」や「月」や「金星」や「木星」や「水星」などが身のうちにあるという事です。占星術ではその人間は内側にある「宇宙設計図」を元に運命は展開してゆくと考え、これを解読し、自分の運命を知る術が「占星術」といわれています。


九星気学
九星気学は、古代中国で生まれた九星術と、日本の易者・園田真次郎の気学占術を組み合わせた理論です。人はこの世に産まれた瞬間に、宇宙のあらゆるものを動かすエネルギーである「気」を吸いその「気」によってその人の性格や行動パターン、生き方が決まるという考え方の占術です。生年月日をもとに、9つの九星から本命星を導き出します。9つの九星とは一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・白土星・九紫火星で、誰しもこの中の一つの本命星をもっています。

タロット占い
タロット占いとはタロットカードを使った占いのことで、タロットカードとは22枚の大アルカナカードと、56枚の小アルカナカードの合計78枚の独特な絵柄のカードになります。占い方は相談者の質問によっていくつかのスタイルがありますが、決まった基本形の他に占者独特のオリジナルスタイルのものもあります。
大アルカナの22枚のカードしか使わないときもあれば、78枚全部を使用して占いを展開しいくときもあります。しかし基本はシャッフルしたカードを並べて、出た絵柄やその向きなどから運勢を診断していきます。



水晶占い
水晶玉占いパワーストーンといわれる、水晶玉を使ってその中に映る陰影を読み取り、相談者の運勢や未来を解釈する占術です。水晶占いの歴史は古く、ヨーロッパでは16世紀ごろから、日本では奈良時代から水晶を使った占いが行われていたようです。ただし、誰でもできるというわけではないのがこの水晶占いです。占者が水晶にうつったものを相談者に関係するものとして読み取っていくのですが、霊感や特殊な能力が必要になるものであり、術者のインスピレーションやリーディング能力によって的中率が大きく左右されます。

易占
易占いは、『易経(えききょう)』という書物から生まれた古代中国発祥の占術です。『易経』はもともと哲学や倫理を説く書としての面があり、その内容は宇宙やこの世で起こるあらゆる現象が予言する形で書かれています。易占では筮竹やサイコロなどの媒体を用いて八卦を組み合わせた六十四卦から、卦(か)と呼ばれる『易経』に基づいた結果を読み解きます。占いというよりは統計学に基づくものという印象が強い占術です。


ルーン占い
ルーン占いは、ゲルマン民族やゴート族が使っていた「ルーン」という古代文字を使った占術のことです。ルーンが刻まれた石や木片を投げたり、ルーンが書かれたカードを引いたりして占うのですが、刻まれた文字にはそれぞれに意味があります。投げたものの配置であったり、出てきた文字は偶然のようであっても相談者にとっては答えを導くものであると考えられています。


姓名判断
姓名判断は文字のとおり、なまえで使う文字の画数や五行のバランス、音などから、運勢を読み取っていく占術になります。
運勢を見るときには画数を、天格・人格・地格・外格・総格の5つに分けた五格からその人の人生の流れ・適職・結婚運などをみていきます。
また子供が生まれたときに着ける名前や、会社の名前や芸名などを新たにつけるときには前もって姓名判断で調べてから、名前をつけたりしますね。

風水
風水は、古代中国で生まれた環境学のこと。土地の形状や川や山、建物などの配置、方角などから気の流れをみて、開運をしていくというのが基本です。
占いというよりは科学的なもので現実味が強いものかもしれません。
現代でも家を建てたり、建造物を創る際には風水を取り入れることもすくなくはありません。身近なところであれば家具の配置やカーテンの色、インテリアなどを風水で判断して開運に導いたりなどより私たちの生活に身近なものとなっています。



手相占い
手相占いといえば占いに興味がない人でも一度は自分の手相をみたことがあるのではないでしょうか?手相占いは手のひらに刻まれた線を見て占う方法。おもに生命線、感情線、運命線の3本の線を基本として、筋やシワ、肉付きなど、占者によっては指の長さや爪なども視野にいれながら性格や運勢を占っていきます。近年では開運線を自分でペンなどで書き足したりするおまじないも人気ですね。

夢占い
人は寝ているときに見る夢には現在・過去・未来などや潜在意識の影響がすくなからずとも及ぼしているといわれています。夢占いはその時にみた夢の内容から、現在の心理状態や近い未来に起こることなどを見ていく占いです。
夢の内容には、見えない世界や無意識領域からの意味のあるメッセージが隠されているということを前提にしており、フロイトの著書『夢判断』が、現在の夢占いのシンボル解釈に取り入れられているのだそうです。



マヤ歴
マヤ暦では「人はみな誕生日を選んで生まれてくる」と考えられおり、誕生日から自分の刻印を知ることで生まれ持った能力や性質がわかり、マヤ歴に自分の誕生日を反映させることでその人の生まれ持った設計図を紐解くことができます。誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。


スピリチュアルカウンセリング
スピリチュアルカウンセリング、いわゆる「霊視」のことです。水晶占いや透視占いと同様だれにでもできるものではありません。深層心理や守護霊、前世となどの目に見えないものを読み取り、相談者に自分の本質と向き合わせて方向を導き出すものです。いわゆる占いとは少しばかり違った方向性になるかもですね。


透視占い
透視占いとは過去や未来を文字通り透かし見ることによって占いを行う方法です。 通常では見ることのできないものを感覚的に把握し、それが相談者にとってどのように影響してこれからどのように物事が進んでいくかの可能性を占います。誰にでもできるもではなくいわゆる霊感などの特殊な能力が必要となります。術者のインスピレーションやリーディング能力によって的中率が大きく左右されるともいえます。



カラーセラピー
カラーセラピーとは基本の数種の色をもとに組み合わせたり、その人自身が感じる色を潜在的にキャッチしたものを色の持つ意味合いから読み解いていきます。スピリチュアルな要素がつまったオーラソーマは、現在116本ある上下が二層の液体に分かれた「イクイリブリアム」と呼ばれるボトルを選ぶことから始まり、選んだボトルごとに意味や気付きをおこさせます。
他にも色を使った手法は色んな種類のものがあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする