占いは学問だと知っていましたか?

今日のタイトルは『占いは学問』

なんとも堅苦しいようなタイトルになってしまいました。
しかし占いを活用するにも「当たるも八卦当たらぬも八卦」ではなく
しっかりとした根拠のある活用ができるのだということを
知っていると知らないのでは
あなたの人生においてプラスになることは間違いないと思うのです。

現在の「占い」といえば、
毎日のテレビや雑誌の占いコーナーの星座占いや、
占い師が引いたその日のカード占いであったり…
彼や彼女、気になる人との相性占いだったり。

私たちのより身近にあるもので、
娯楽のような存在として『占い』の位置があるようようにも思います。

しかし、占いの起源をたどれば
それが決して娯楽とは縁遠い位置に置かれていたものだと知ることができます。

古代においての占いは
人の生死や国家間の存亡にまで深くかかわり影響を及ぼしています。
そして、人が生まれ落ちたその時からの一生を示す
人生の見取り図や航海図となるのも占いなのです。

それは占いという概念が人の間で芽生えた時からの歴史による
膨大なデータから導き出されます。
それが『占いは学問』ともいえる所以です。



気象の予測は占いの元祖ともいえるもの

占いには色んなスタイルがありますが大きくわければ
2つに分類されると思うのです。

ひとつはタロットカードやオラクルカード、
水晶やパワーストーンを使った占い、
霊感・霊視の能力を持つ方々の見えない次元のものとのつながりで
メッセージを受け取るもののようなスピリチュアル的なもの。

もう一つは占星術や九星気学、四柱推命や数秘、マヤ歴、易経などのような
長い年月を経た過去の膨大なデータから未来を予測する統計学のような占いです。

たとえばタロットカードやオラクルカード、
水晶からのメッセージなどを読み取る場合には占い師の力量でその結果や精度がことなります。
これらの占いの結果にはとくにこれだという根拠はありません。

占い師がカードの意味や絵柄、水晶の中の陰影などを直感的に得たインスピレーションによって答えが導き出されるからです。
もちろん無意識に選ぶカードは潜在意識からのメッセージとも言われていますが、やはり目に見えないスピリチュアル的なものであり、
媒体を通して得たメッセージは占い師の言葉によって変換されます。

この占術では相談者が占い師の言葉を信用するかしかないかというのが
がほんとのところなのです。

ですが占星術や九星気学、四柱推命、マヤ歴というものは
過去からの積み重なったデータによって結果が導き出されるものです。
もちろんその占術を読み解く専門の知識と勉強が必要ですが、
極端にいえば誰が占っても結果はおおきくかわるものではないのです。

膨大なデータから導き出されるもの、
それは言い換えれば統計学ともいわれます。
その統計学的占いの元祖ともいえるのは実は気象予報だったりします。

占星術は乙女座や蟹座などの私たちに馴染みの深い星座占いも含まれるのですが、
古代では占星術とは気象を予測するための手段として使われていました。

星の位置や角度でその年の季節の予報を予測していたのです。

1年を通して巡る季節や、
その日その時の星の位置や角度などをみて人々は畑をたがやしたり、
種をまいたり、休息したりしていました。
やがてそれは年々のデータを集めて、
そのデータをもとに規則的な生活の流れが出てきます。
そうして生まれたのが『暦』なのです。
これは天文学の分野になります。

現代の気象予報はまさに過去の雲の位置や風の向き、
気圧の配置などの過去からの膨大な集めたデータによって導き出されます。

ゆえたに統計学ともいえるのです。

同じように四柱推命や九星気学、マヤ暦、カラーセラピーなども
過去のデータによって導き出されたものから、
個々の鑑定を展開していく、れもまた一つの統計学になりうるのです。


統計学からくる占い

過去のデータを集めたものをもとに、
その時々の状況や、情報を当て嵌めていくと
同じような事象や物事が過去に展開されていたことに気づきます。

それをみつけたら、
そのときはどのような結果だったのかを検証していけば、
その問題の解決策がみえてきます。

これらは統計されたデータから分析されたものです。

自然の移り変わりや数字の規則性、星の巡り、色の持つ効果などを
検証してデータを集めたものが四柱推命だったり、九星気学だったり、
占星術、数秘術などと呼ばれる占いになるのです。

これらは過去からのデータをまとめて
それぞれの規則性や類似性などによりまとめらてています。
つまり、相談者の生年月日、名前、個人の考え方から行動パターンなど
あらゆるデータをもとに占い師が、占術のデータにあてはめ、
読み解くことでその、結果の精度をあげていくのです。

よく四柱推命で自分の性格がすごくあたっていたとか、
マヤ暦でみてもらったらその通りでびっくりした!というような
感想をききますが、
それは過去からの膨大なデータで似たような事例の検証の結果から
くるのですから、あたって当然だともいえます。
統計学による占いはそういう根拠がある占いなのです。

生まれ持った人生の航海図は占いでわかる

スピリチュアル的な話にもなりますが、
人は生まれてくる前に、自分が歩みたい人生や目的(使命ともいいます)、
経験したいことなど、すべて決めてから生まれてくると言います。
生まれる場所や時間、両親、環境にいたるまで設定してから
この世に誕生するのです。
まるで舞台劇や映画やドラマのシナリオ設定のようですよね。

そしてその決めてきた設定や目的は
生まれ落ちた瞬間に忘れてしまうのです。

本来の目的や目標を忘れたまま
人は自分の人生を生きていくことになります。
でも、忘れていてもゴールにたどりつくように人生は進みます。
その間にいろんなことが起こるのです。
嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、辛いこと
様々な出来事を体験しながら、
生まれてくる前に自分が設定した目標へとむかっていくのです。

統計学的な占いではほぼ必ずと言っていいほど、
生年月日、生まれた時間、名前が必要になってくる場合が殆どです。
これは、人間が唯一、
この世に生まれ落ちた瞬間から死ぬまで変わらない不変なものだからです。
たとえばインターネットで必要な事を検索するのに
その事柄に関するキーワードをいれればその答えがわかるように、
人の生年月日・生まれた時間・名前でその人の人生の道のりがわかるのです。

つまり、この世に産まれる前に設定してきた
自分のシナリオ設定の概要がわかるということです。

もしこの人生のシナリオがわかれば、
ずいぶんと私たちの毎日は過ごしやすくなると思いませんか?
たとえば、
この時期ではこんな事があるかも、
この年齢のときはしんどいのかも……
そんな人生の節目事が前もってわかれば、
あらかじめ行動や心持ちの準備ができますよね。

統計学的な占いは自分で設定して
そして忘れてしまった、現世での目的にたどりつくための
言わば見取り図や航海図を知ることができるのです。

まとめ・自分次第で『運』はひらける

占いが『学問』ともいえるのは、
人という種がこの世に出現してからの膨大な様々なデータを
検証してまとめたもの、
いわゆる統計学から導き出されるものであるからということです。

そして、その統計学的な占いを個人個人のもつ、
データやさまざまな要因を照らし合わせて読み解いていくことで、
その人本来の人生の見取り図をしることができます。

しかしながら、
たとえその人生の見取り図を手に入れた人が
100%幸せななれるか……といえばそうではありません。

あらかじめ起こるがしれないことがわかっていても
その人の受け取り方次第で、多種多様の結果に繋がることになります。

たとえば
その人のその年齢のあたりには
人生の転換期が起こるのだとわかってたとして、
会社をクビになってしまったとします。
その時に、

『不幸』『なんて自分は運が悪い』などのように感じるのか、
または『これで好きなことができる!』『新しい仕事の可能性がでた!』と
感じるのかはその人次第です。

『不幸』と感じてそのままひたすら落ち込むのか、
『可能性』と感じて新しい道を見出すのか……
それぞれでその後がかわってきます。
つまりは『幸せ』になるにはすべて自分次第ということです。

占いはその『幸せ』になるための
道しるべや可能性のきっかけを見つけるためのツールですが、
それをどうつかいこなすかは本人の意思によります。
『運』は自分できめてつかみとるものであり、
『占い』はそれを引き出すきっかけの手段なのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする